山口県柳井市 とび・土工工事業・管工事業 株式会社山都 株式会社山都

我々の取り組み

我々の取り組み

グローバル規模の技術促進により、土木の環境も大きく変化してきました。
また、自然環境の変化により、以前は想定していなかった規模の災害も増え、土木に携わるスタッフの技術向上、意識改革は急務になっています。優秀なスタッフを増やすことは、地域環境保全の観点からも、大変重要です。
私たちも地域環境を守る一員として、積極的にスタッフの最新技術の習得や、職場環境の改善に力を入れています。

働きやすい職場環境づくりCreation of Ideal Workplaces

  • 福利厚生の充実

    現場での仕事が多い土木作業には常に危険がつきまといます。
    万一に備えた損害保険や作業工程の見直しなど、大切なスタッフが安心して働くための基盤づくりを積極的に行っています。

  • スキルアップサポート

    規制や高度な技術が多い土木業務を行うためには資格や免許の取得は必要不可欠です。
    また、業務内容や品質管理の向上につながるスタッフのスキルアップを全力でサポートします。

  • 最新技術への挑戦

    ICT技術の躍進は、土木業界にも様々な影響を与えています。最新技術の導入によって土木作業につきものであった危険と重労働から解放され、短い工期で的確な作業が行えるようになっています。
    私たちは作業員を危険から守り、やりがいのある環境づくりのため、新しい技術へも積極的に挑戦していきます。

豊かな生活環境のためにFor Affluent Society

  • SDGsへの取り組み

    「持続可能な開発」のため、世界中で提唱されているSDGsへも、私たちは積極的に取り組みます。
    自然環境に負担の少ない資材や技術の使用、3Rの環境づくり、災害からのスピーディな復興、そして対策と、私たちに課せられた使命に謙虚に向き合い、解決していきます。

  • 3Rへの取り組み

    大量の土砂や廃棄物を生み出す土木事業と3R (リデュース・リユース・リサイクル)は、切っても切り離せない関係です。
    私たちが暮らす豊かな地域環境を後世へ受け継ぐ大切な業務として、信頼できる事業所と提携し、確実に遂行していきます。

  • BCMへの取り組み

    わたしたちの仕事の多くは公共事業です。地域住民のみなさんが日々の生活を滞りなく送るための環境整備とともに、万一の際にも慌てず出動するための準備や取り組みを日々行っています。
    当たり前のくらしが分断される災害から、一日でも早い復旧をスローガンに、技術向上に努めています。

ドローンの活用

ドローンイメージ

地域防災への協力、同業他社からの依頼にも対応

土木業界の人手不足によって、一人ひとりの就労者の勤務時間増加や労働環境の悪化が懸念される中、これからは労働環境改善や業務効率化、若い人材確保のためにもICTを積極的に取り入れていく必要があると考えます。
その足掛かりとして、当社はこの度ドローンを導入しました。
ドローンの導入により、危険が伴う崩落現場、その他危険箇所の点検作業を、短時間で安全に行うことが可能です。 様々な視点から撮影された画像を共有することで、経験値による情報把握のばらつきも最小限に抑えられます。
また、操作性と小回りの良さは、業務の詳細な進捗記録を容易にします。これらは貴重な技術資料として、従業員の更なるスキルアップや作業の効率化にも役立ちます。